周りに困っている外国人がいたら・・・

最終更新: 4月19日

研究室に所属する留学生が, 日本国内でCOVID-19の情報を探すのに苦戦しているという話を耳にしました.

急ぎチームメンバーと調べてみましたが, 確かに厳しい!


公的なHP (首相官邸 や 厚生労働省) からとぶ各都道府県のリンク先には,

多言語表記された説明文があるケースは少なく, 日本語が苦手な外国人が情報を得るのは至難の業でした.

そこで, 国内で多言語相談を受け付けている窓口情報を "外国人患者対応" で公開しています. (4月14日時点)






薬局や身の回りで困っている外国人がいたら, ぜひ手を差し伸べてください.

ことばが話せなくても, 電話やメールを仲介するだけでも大変心強いと思います.

(※ その際も "三密" と "ものの共有" にはご注意を!)


調査中もHPはリアルタイムに更新されていたので, 掲載した情報も徐々に古くなります.

いつまで役立つかわかりませんが,


(1) 紹介する前に連絡がつくか確認する


また, 外国人に連絡先を紹介するときも


(2) "電話" や "Web (メールや相談フォーム)" を使い, 直接窓口に行かないよう促す


2点ご協力よろしくお願いします.


一刻も早く, 都道府県のHPが整備されることを願っています.

Tel: 075-753-4354

Email: kado.ayumi.7n@kyoto-u.ac.jp

© 2020 by 京都大学SPH薬局情報グループ