感染予防に対する某病院における薬剤師の取り組み

今後いろいろな病院・診療所や薬局等で働いている薬剤師さんの

コロナウイルスに対する感染予防の取り組みについて、

こちらのブログで紹介していきたいと思います。

どうか宜しくお願いします❗


手始めに以下の取り組み例について紹介したいと思います。

↓↓↓


当院では、病院玄関口の手指消毒薬の取り替えを優先にし、

出入りする業者、各部署スタッフによる時間差消毒を実施しています。

院内薬局にはインスリンの針と血糖測定器のセンサー、

院内処方薬を患者さんは取りに来られます。


感染予防のために、薬剤師は日常的に呼び鈴、ドアノブ、カウンター等の消毒をおこなっています。

また、薬局スタッフは、検温を実施し体温の記録を毎日記載して残しています。


院内の感染対策部からは、通勤経路について調査がありました。

車での臨時出勤ができるか、通勤時間はどのくらいかかるか確認されました。

マスクは退勤時配布されたものをチャック付き袋にいれて持ち帰って次の日に装着しています。


↑↑↑


今後も全国の病院や薬局から寄せられた取り組みについて

ご紹介していけたらと思います


京大SPH薬局グループ

Ayumi Kado


Tel: 075-753-4354

Email: kado.ayumi.7n@kyoto-u.ac.jp

© 2020 by 京都大学SPH薬局グループ